私の学生時代から今に至るまで

男性 30代
1、私は、小学生の時あばら骨が浮き出るくらいのガリガリでした。身長も前から数えて3番目から5番目くらいでした。
組体操のときは必ずといって一番上に立たされて、怖い思いをしました。あだ名はガリオ。もともとご飯をあまり食べ無かったのか、太ることは全くありませんでした。
中学の時も他の身長の人よりも見た目より軽いので柔道の授業の時は、いつも小さい人と組まされて、他の人には嫌味を言われていました。
2、高校に入ると、友達の一人が腕相撲が強い人がいて秘訣を聞いたら柔道をやっていて、私も同じ柔道道場に通う決心をしました。
毎日筋肉トレーニングをして、食べられる限界まで食べて、休みの日も食べて体を休めました。
すると、次第に筋肉がつきはじめ、他のクラスメイトと腕相撲をしても負けなくなってきました。
3、体が出来始めると、力も強くなり持久力もつき体育でも活躍できるようになり、皆に頼りにされとても嬉しい気持ちになりました。
今では、日頃トレーニングやストレッチ食事も気を付け、頑丈な体と心を手に入れたと思います。
子供もすくすくと育ちパパのように元気な体を目指すよう休みの日は一緒に運動をしています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です