毎日ご飯をおかわりし筋トレで体重増加

小学校時代からサッカーを始め、高校に入学したときでした。練習終わりに外で水浴びをしてるときのこと、当時の監督から上半身姿の自分を見て、痩せすぎだなと言われました。
入学当初は背も低くかったため体重も平均体重より痩せ気味でした。ミニゲームや試合の時などに、ボールをキープしたり、体を相手に入れたりすると弾き飛ばされたり、なかなかキープできなかったりするのが悩みでした。当時の監督の一言もあり、ご飯は毎日お代わりして過ごしてましたがなかなか体重は増えず。毎日の運動量に、ご飯を食べても追いつかず体重は変わりませんでした。学年も上がったときの事。怪我をしてしまい、走ることも十分にできなくなりました。その時に、真剣に筋トレに励みました。練習のお手伝いもしながら、上半身、下半身の筋トレ。数ヶ月で、理想的な体重にもなり、復帰してからは相手にも負けることは少なくなり、プレーの幅が増えていきました。体重が理想的に増えたことで、見た目も変わり、サッカーをしていて相手に体をぶつけても負けないことでプレーにも余裕が出来き、高校サッカーを十分に楽しみながら終えることが出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です