ボクシングの減量で失敗

男性32歳

私はプロボクサーを目指したものです。プロボクシングは減量がつきものです。ほとんどのボクサーは普段の体重から10Kgぐらいは減量します。
だいたい、余裕をもって3か月前から減量を始める選手もいれば、3日前から急激に体重を落とす選手もいます。ほとんどのボクサーが、3日前から急激な減量をしているみたいです。
しかし、失敗すると身体が食事を取らなくても良い状態になりどんどん痩せてしまいます。そうなると、減量失敗になります。身体が食べなくても生きていけるような身体になってきます。そうなると「死」という危ない状態になりがちになります。「心」と「身体」の意思疎通がうまく行かない状態です。テレビの情報ですが、そのような方は「よく食べ物を噛まない」や「飲み込むのが速かったり」して、ほとんどの方が「胃下垂(胃の位置が下に下がっていること)になっている。」という。これは医療機関がレントゲンみたいな機械を使ってデータが出たみたいだった。このことは、大食いタレントのギャル曽根を使ってデータが出たみたいだった。
なので、痩せすぎでどんなことに悩んだことは、食べたものが汚いですが、すぐに便として出るような状態になりました。解決方法は薬などは使わず、よく噛んで早食いを直しました。
悩みが解決して、朝の忙しい時間にお手洗いに行かなくてよくなり決まった時間にお通じがあるので生活が楽になりました。今後は痩せすぎや太りすぎにもならないようにベスト体重で生活できるようにしたいと思う。身長が170センチの方はだいたい65キロぐらいがベストなので、その数字に近付けるように努力する。痩せる(ダイエット)のも大変だが、逆に太ることも大変なことをお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です