女子にもやしとからかわれた僕が高校で恩師と出会い体格が良くなった思い出

男性 20代

私は小さい頃から他の同級生に比べて体が小さく細かったので、何かにつけていじめられていました。ちなみに小さい頃付けられたあだ名は「もやし」です。男子は勿論のこと、女の子にまでもやしと言われてしまい恥ずかしいというか悔しくて仕方がありませんでした。

何とかして体を大きくして太くしたい、この思いから中学生になってから体も鍛えようとサッカー部に入りました。しかし体が細いこともあり運動神経も悪かった私は厳しい部活の練習が辛くて音をあげてしまい、僅か三か月で退部、食の細さも変わらず結局中学時代も体質を変えられることはありませんでした。

転機となったのは高校に入ってからです。高校一年の時の担任から、「おまえ体細いな」と言われました。高校入学時の私の体格は身長163センチで体重42キロです。すっかり同級生の中でも一際細さが目立っていたのでそう言われてしまうのも仕方がありませんでした。その担任から半ば強制的にですが顧問をやっている卓球部に入部させられたのです。でも卓球部なら他の運動部に比べれば楽そうだなというイメージがあったので入部してもいいかなと思ったのですが、主に走り込みが中心でまるで陸上部のようでした。部活をやめようとも考えましたが顧問がクラスの担任であることから辞めたいともいえず逃げることができませんでした。

しかし先生の指導は厳しいなりにも愛情を持って指導してくれていたので、辛いなりにも何とか我慢して続けることにしました。結果的にこれで徐々に体格が良くなっていきました。運動で食欲が湧いてくることもあり以前に比べれば食べる量は増えましたし、運動により体格も良くなりました。おまけに卓球の技術も向上し、三年になり地区大会で優勝し県大会に進出することができました。

高校を卒業することには身長も173センチで体重63キロとなり標準的な体格になりました。担任に無理やり入部させられた卓球部のおかげででもやしを卒業することができたのです。先生とは卒業した今でも同窓会でお会いしますが、自分の人生を変えてくれた恩人であり感謝してもしきれません。

痩せすぎで悩まなくても年齢が解決してくれました。

女性 40代
小学生の頃から痩せすぎで健康診断では栄養失調と書かれる始末。学生時代は体育会でバレーボール部に在籍し、日々の筋肉トレーニングで筋肉増加により、人並みの体重になったのも束の間、クラブの引退と同時に筋肉が落ち体重は元に戻りました。社会人になって、仕事の忙しさとストレスなどから、ますます体重は減少。身長158センチなのに夏場は食欲が落ちることもあり、39キロ台まで体重減少。さすがに、これはまずいのではないかと漢方薬など試しましたが太ることはできませんでした。食事は1日3回、間食もしていましたが、太りません。ところが、40歳を過ぎたあたりから、体重が増加傾向に。年齢とともに、代謝が悪くなり徐々に体重が増加。今では30代の頃より7キロ増加で洋服のサイズも一つ上になってしまいました。どうしても、太りたいということであれば、毎日の筋トレで筋力アップが必要ですが、私のように年齢上昇により何もせずとも信じられないくらい体重が増える可能性もありますので、あまり深く心配しないことが大切だと思います。

トレーニングジムに通い、筋力強化をはかりました。

女性 30代です。
身長はそれなりにあるのですが、それに伴う体重が少なくて、学生時代から毎年健康診断のBMI指数で引っかかっていました。他は全く異常なく健康優良児なのですが、そのBMIが少ないがためにいつも判定が「C」判定でした。お医者さんからは「なんか食べれなくなるような悩みがあったり、そんな状況なのでしょうか(お金がないとか、食べさせてもらえないとか?)」と心配される始末で。食は確かに細いのですが、むしろおいしいもの食べるのは大好きなのですが…お酒も飲むし。なのに体重はなぜか増えませんでした。脂肪が増えないなら筋力をつけよう!という安易な考えでトレーニングジムに通い始めトレーナーさんに悩みを話し、プログラムを組んでもらい筋トレを始めました。身体を動かすことは苦じゃないので、私にはあっていたと思います。まだ理想の体重までは届いていないのですが、運動を始めたことでよりいっそう健康的になれた気がします。そのせいか余計なストレスも溜めることなく、ごはんもおいしくいただけています。