女子にもやしとからかわれた僕が高校で恩師と出会い体格が良くなった思い出

男性 20代

私は小さい頃から他の同級生に比べて体が小さく細かったので、何かにつけていじめられていました。ちなみに小さい頃付けられたあだ名は「もやし」です。男子は勿論のこと、女の子にまでもやしと言われてしまい恥ずかしいというか悔しくて仕方がありませんでした。

何とかして体を大きくして太くしたい、この思いから中学生になってから体も鍛えようとサッカー部に入りました。しかし体が細いこともあり運動神経も悪かった私は厳しい部活の練習が辛くて音をあげてしまい、僅か三か月で退部、食の細さも変わらず結局中学時代も体質を変えられることはありませんでした。

転機となったのは高校に入ってからです。高校一年の時の担任から、「おまえ体細いな」と言われました。高校入学時の私の体格は身長163センチで体重42キロです。すっかり同級生の中でも一際細さが目立っていたのでそう言われてしまうのも仕方がありませんでした。その担任から半ば強制的にですが顧問をやっている卓球部に入部させられたのです。でも卓球部なら他の運動部に比べれば楽そうだなというイメージがあったので入部してもいいかなと思ったのですが、主に走り込みが中心でまるで陸上部のようでした。部活をやめようとも考えましたが顧問がクラスの担任であることから辞めたいともいえず逃げることができませんでした。

しかし先生の指導は厳しいなりにも愛情を持って指導してくれていたので、辛いなりにも何とか我慢して続けることにしました。結果的にこれで徐々に体格が良くなっていきました。運動で食欲が湧いてくることもあり以前に比べれば食べる量は増えましたし、運動により体格も良くなりました。おまけに卓球の技術も向上し、三年になり地区大会で優勝し県大会に進出することができました。

高校を卒業することには身長も173センチで体重63キロとなり標準的な体格になりました。担任に無理やり入部させられた卓球部のおかげででもやしを卒業することができたのです。先生とは卒業した今でも同窓会でお会いしますが、自分の人生を変えてくれた恩人であり感謝してもしきれません。

痩せすぎで悩まなくても年齢が解決してくれました。

女性 40代
小学生の頃から痩せすぎで健康診断では栄養失調と書かれる始末。学生時代は体育会でバレーボール部に在籍し、日々の筋肉トレーニングで筋肉増加により、人並みの体重になったのも束の間、クラブの引退と同時に筋肉が落ち体重は元に戻りました。社会人になって、仕事の忙しさとストレスなどから、ますます体重は減少。身長158センチなのに夏場は食欲が落ちることもあり、39キロ台まで体重減少。さすがに、これはまずいのではないかと漢方薬など試しましたが太ることはできませんでした。食事は1日3回、間食もしていましたが、太りません。ところが、40歳を過ぎたあたりから、体重が増加傾向に。年齢とともに、代謝が悪くなり徐々に体重が増加。今では30代の頃より7キロ増加で洋服のサイズも一つ上になってしまいました。どうしても、太りたいということであれば、毎日の筋トレで筋力アップが必要ですが、私のように年齢上昇により何もせずとも信じられないくらい体重が増える可能性もありますので、あまり深く心配しないことが大切だと思います。

トレーニングジムに通い、筋力強化をはかりました。

女性 30代です。
身長はそれなりにあるのですが、それに伴う体重が少なくて、学生時代から毎年健康診断のBMI指数で引っかかっていました。他は全く異常なく健康優良児なのですが、そのBMIが少ないがためにいつも判定が「C」判定でした。お医者さんからは「なんか食べれなくなるような悩みがあったり、そんな状況なのでしょうか(お金がないとか、食べさせてもらえないとか?)」と心配される始末で。食は確かに細いのですが、むしろおいしいもの食べるのは大好きなのですが…お酒も飲むし。なのに体重はなぜか増えませんでした。脂肪が増えないなら筋力をつけよう!という安易な考えでトレーニングジムに通い始めトレーナーさんに悩みを話し、プログラムを組んでもらい筋トレを始めました。身体を動かすことは苦じゃないので、私にはあっていたと思います。まだ理想の体重までは届いていないのですが、運動を始めたことでよりいっそう健康的になれた気がします。そのせいか余計なストレスも溜めることなく、ごはんもおいしくいただけています。

一ヶ月で体重が3kg増えました!

女性40代

貧弱な体にコンプレックスを感じ、鏡を見るのが憂鬱でした。体重を増やすのに非常に苦労していました。

先日、ちょっと太ったかも?と思い体重計にのってみると、1ヵ月の間になんと体重が46キロから49.3kgに、体脂肪率も15.4%から20.3%に増えていました!

1ヵ月の過ごし方を振り返って、効果があったと思われるのは….

1.ご飯の量が増えた
腹八分目が健康によいと信じてご飯は軽く1杯しか食べなかったのですが、過去二ヶ月ほど大盛り1杯食しっかり食べていました。

2.おもちを沢山たべた
お正月に連日お餅をたくさん食べていました。多い時で一度に5個くらい!お餅は高カロリーで吸収が早いと言われています。あまり健康的な方法ではありませんが、一時的な対策としてはありですね。

3.姿勢を正すようにした
もともと猫背なのですが、姿勢を正すように心がけていました。食事中は特に。ご飯を沢山食べるようになったのは、姿勢を正して胃下垂が緩和されたからかもしれません。

体重が増えたことよりも嬉しかったのは、体脂肪が増えたこと。15%から念願の20%台になり、私の理想の「やわらかい女性」に一歩近づけました。

やはり食べる量を増やすことは必須のようです。リバウンドで痩せないように(!?)、カロリーを充分に摂取したいと思います!

太る方法はインターネットで探しました

女性 20代

私は小さいころから華奢で、運動が苦手でした。
中学、高校と部活は文化部と帰宅部。
特に体を作る為に何かをしたということはありません。
また、痩せるために何か努力をしていたというわけではありません。

社会に出るようになり、体が華奢なせいでよく体調を崩していたのが仕事に響いてくるようになりました。
このままだといけない。
と思い、インターネットで太る方法を調べたところ、女性専用の太る方法を載せているインターネットサイトに出会いました。
たしか名前はぽちゃ活だったと思います。

そこにはサプリを使用した太る方法や自分の努力で太る方法など、様々な太る方法が紹介されていましたが、私はサプリを使用する方法で太るのに挑戦しました。
理由は、普段仕事をしながらだと食生活を気にすることが難しいこと、運動が苦手なので筋トレを続けるのが無理そうだったことなどさまざまありますが、サプリならすぐに始めることができて簡単に太れると紹介されていたからです。

そんなこんなでサプリを使用して太ることに挑戦した私ですが、実際に1ヶ月ほど使用してみたら体重が1kgほど増え、ただただ驚くばかりです。

もっと早く出会ってたらよかったなと思います。

間食を増やし体重を増やしました。

女性30代

私は出産後どんどん痩せてしまい、そのうえ離婚などで本当に精神的にも体力的にもげっそりしてしまい、160センチ、36キロと見るからに細く、服はなにを着てもしっくりこなくなってしまいました。また年齢を重ねるごとに頰もこけてしまい余計老けてしまうという散々な日々を過ごしていました。これではまずいと思い、なんとか体重を増やそうと思いました。周りのみんなは痩せたいと言っているけど太ってしまうというのでどういう生活をしてるのかなと聞いてみて私と違うなと思ったのが間食が多いという事でした。私は特にオヤツも夜食も食べないで生活してましたが太ってしまうという子はとにかく間食はかかさずしてるので、コレだと思って、まずはオヤツを常にそばに置き、お腹が空いてなくてもとりあえず食べていました。また、寝る前にもオヤツをたべてるうちに顔がふっくらして今ではお腹もポッコリ。家族にはだいぶ太ったね、今度は少しオヤツ控えたら?など言われますが自分ではこのくらいのほうが若々しく感じるので今では悩まず過ごせています。

食が細かったのでかなり痩せていました。

女性、30代。
子供の頃からお茶碗半分も食べなくて、いつも「もっと食べろ」と言われてました。
普通夕飯はお腹がすいて食べ過ぎると言いますが、私の場合は疲れてますます食欲がなくなったので、ガリガリという状態でした。
痩せすぎていて嫌だった事は多々ありますが、特に温泉やプール、制服など体を出すのが嫌でした。
明らかに周りから拒食症ではないかという目で見られてしまうからです。
生理がこない時期もありました。
食べたいのを我慢してる訳じゃないので、太りたいけど太れないのが辛かったです。
年頃になり好きな人が出来た時に、せめて40キロ代にはなろうと思いました。
1回に沢山の量は食べられないので、授業の合間など少しでも小腹が空いた時はお菓子やパンを食べる事にしました。努力の結果、骸骨みたいに痩せていたのが40キロ代になった時は本当に嬉しかったです。太る方法を探していて太っちょ.comというサイトも参考になりました。
今も40キロをきらないように気を付けています。今ではスカートをはけるようになったし、自分自身も人の目が気にならなくなりました。

最終的には、病院の薬を使いました。

女性 30代

元々、痩せている方ですが
体調を崩してから
ごはんが食べられなくなってしまい
一時酷い時は、通常時より
10kgぐらい痩せてしまいました。
ただでさえ痩せているのに、
マイナス10kgともなると
夏と言う事にも拍車がかかり
体力はなくなるし、
薄着した時の見た目もヤバかったです。

お風呂に入るだけでヘトヘトになるし、
少し動いただけで動悸や息切れ
これ以上体重が減ったらどうしよう。
と言う不安に悩んでいました。

病院で相談したところ、
一時的であれば点滴で凌ぐなどが出来るが
これ以上、体重が減るのは
ほんとにしんどかったため
食欲が出る薬と漢方を処方されました。
動かないとお腹は減りずらいけれど、
なんせ体力もなく、持病もあるため
まずは病院の薬を使って
食欲を取り戻していった感じです。
あとは、食べられるものを
食べたい時に好きなだけ食べていました。
栄養どうこうの前に、なるべく
カロリーが高いものを選んでもいました。

時間はかかりましたが、
少しずつ体重は増えていき
だいぶ元の体重に今は戻りました。
おかげで、だいぶ体力も付き
動く事もだいぶマシになってきたので、
今ではお風呂も普通に入れるし、
ある程度の行動は無理をしなければ
特にしんどくなくやる事が出来ます!
今では、これだけの体重があれば大丈夫!
と思えるようにもなってきました。

体力が奪われると、
気持ちの部分も低下してしまうため
心と身体は繋がっているんだな。
と身をもって体験した出来事でした。

私の学生時代から今に至るまで

男性 30代
1、私は、小学生の時あばら骨が浮き出るくらいのガリガリでした。身長も前から数えて3番目から5番目くらいでした。
組体操のときは必ずといって一番上に立たされて、怖い思いをしました。あだ名はガリオ。もともとご飯をあまり食べ無かったのか、太ることは全くありませんでした。
中学の時も他の身長の人よりも見た目より軽いので柔道の授業の時は、いつも小さい人と組まされて、他の人には嫌味を言われていました。
2、高校に入ると、友達の一人が腕相撲が強い人がいて秘訣を聞いたら柔道をやっていて、私も同じ柔道道場に通う決心をしました。
毎日筋肉トレーニングをして、食べられる限界まで食べて、休みの日も食べて体を休めました。
すると、次第に筋肉がつきはじめ、他のクラスメイトと腕相撲をしても負けなくなってきました。
3、体が出来始めると、力も強くなり持久力もつき体育でも活躍できるようになり、皆に頼りにされとても嬉しい気持ちになりました。
今では、日頃トレーニングやストレッチ食事も気を付け、頑丈な体と心を手に入れたと思います。
子供もすくすくと育ちパパのように元気な体を目指すよう休みの日は一緒に運動をしています。”

精神を病んで体重激減、治療で回復しました!

男性 10代
 現在関西の大学に籍をおく大学生なのですが、夏休みが明け、大学にサークルにプライベートに…と今までにないほど忙しい日々を過ごしていたところ突如無気力状態となりました。ご飯もろくに食べられず体重が激減、半年もたたずに体重が20kgも減ってしまいました。お陰で余計心も体もボロボロで、見かねた両親がカウンセリングと精神科の受診を勧めてくれました。結果、うつ病と診断され、現在では大学を休んで実家で投薬などの療養を受けています。しかしそのおかげもあってか、段々と状態が回復していき、現在では最も痩せていた状態から5kgほど体重が戻ってきました。仕事や勉強等、何位もやる気が出なくて、おまけにご飯を食べる気力も動く意欲も湧いてこない…体重が減ってしまった…というときは要注意です。躊躇わずに精神科や心療内科を受診しましょう。私は治療を数ヶ月受けてようやくまともにご飯が食べられるようになってきました。やはりしっかりと食べて適切な体重が保てると、気分も前向きになってくるし勉強や仕事にもまともに取り組めるようになってくるものです。